‘音楽理論’

❤クラシック『春』は、創造する思考力が高まる❤

❤Happyな音楽は、創造する思考力が高まる❤

 

こんばんは☆

村山友美です(*^^*)

 

桜が咲いたりと

春を感じる今日この頃です❤

 

今日は、オランダのシモネ博士による

音楽実験のお話です。(*^^*)

points-1790837_960_720
 

音楽が、心やカラダに
何かしらからの影響を与えるコトは
皆さまも感じているかと想います(*^^*)

【幸せな音楽は、拡散的思考の手助けをする】

音楽と感情は、
密接な関係があります。

音楽を少し聴けば
楽しい感じか・悲しい感じかは
何とな~くわかりますよね(*^^*)

どうやら、

音楽への感覚が、思考力に影響を及ぼす
と実証されています。

【収束的思考力&拡散的思考力】

head-3113192_960_720
 

オランダのラドバウド大学の
シモネ・リッター博士
オーストラリアのシドニー工科大学の
サム・ファーソン博士
による二人の研究です。

4つのタイプの感情を誘う音楽が、
アメリカの心理学者ジョイ・ギルフォード
提唱した概念である
『収束的思考』と『拡散的思考』
手助けをするのかという実験です。

拡散的思考・・・発想やアイデアを出す時に役立つ思考
        自由な新しいアイデアを生み出します❤

収束的思考・・・より早く正しい答えを出す思考
        深堀りしてスゴイものを生み出します❤

日本人に多くみられる傾向としては
収束的思考でしょうか。

ゼロから創り出すよりも
何か既存のものがあり
それをさらに素敵に開発する
ずば抜けた脳力を持っていると
私は感じています。

もちろん、時代が変わり
少しずつ日本と海外の差は
埋まりつつあるとは想うんですが(*^^*)

【静かな音楽・幸せな音楽・悲しい音楽・不安な音楽】

music-2122113_960_720
 

ラドバウド大学の学生155名を
5つのグループにそれぞれ
各感情の音楽を聴かせた結果
創造性に影響を与える可能性があると
見解されたんです。

ちなみに

実験で使用された音楽は
4つのタイプのクラシック音楽です。
さらに無音の状況もあります。

● 静かな音楽 (Calm)・・・ポジティブで覚醒度が低い音楽

作曲家: カミーユ・サン=サーンス
曲名:  Le cygne(白鳥)

● 幸せな音楽(Happy)・・・ポジティブで覚醒度が高い音楽

作曲家: アントニオ・ヴィヴァルディ
曲名: 四季の中の「春」(The Four Seasons: Spring)


 

● 悲しい曲(Sad)・・・ネガティブで覚醒度が低い音楽
 

作曲家: サミュエル・バーバー
曲名: 弦楽のためのアダージョ(Adagio for Strings)


 

● 不安な曲(Anxious)・・・ネガティブで覚醒度が高い音楽

作曲家: グスターブ・ホルスト
曲名: 火星、戦争をもたらす者(The Planets: Mars, The Bringer of War)


 

4つのクラシックによる
実験でしたが

【気になる結果は・・・】

ズバリ!

happy-2721792_960_720
 

Happyな音楽 『春』
から興味深い結果が出たのです。

収束的思考は、
音楽の種類によって
成果の違いは現れませんでした。

拡散的思考力は、
幸せな音楽を聴いた学生が
明確に高いスコアだったとのことです。

幸せな音楽以外では、
スコアの差があまり見られなかった
ようで
幸せな音楽の与える影響が
少なからずあるとわかった実験でした。

なぜ、幸せな音楽だけが
創造性を高めた結果がでたかについては
解明されませんでした。

が!

シモネ博士たちは、
ドーパミンが関係しているのでは♪
と推察しています。

実際、

 

京都大学の上田助教授の

創造性のメカニズムの論文において

 

「創造性課題の成績は、

脳内のドーパミン機構と関 連しており、

ドーパミンの生成効率が良いほど、

拡散 的思考が得意である。」

 

と論述されているんです。

 

【ドーパミンとは?】

 

ドーパミンは、

神経伝達物質の一つで

やる気・集中力・ワクワク・楽しい・幸せ

などを感じさせてくれるのです。

 

好きな音楽を聴くと、

ドーパミンが出るとも言われていますし

可能性は大きくありますよね❤

【音楽で創造性を高められた時の未来の展望】

design-3055786_960_720

 

創造的な思考を高めるには・・・

● 訓練を受けて明示的に伝達されることが必要
● コストもかかる
● 時間もかかる

などをあげ、
音楽が、聴取により
想像的な思考の手助けに
なるのではと述べています。

もちろん、

まだまだもっと解明しいかないといけない
いけないことはあるとも述べてます。

例えば、

 

効果の持続力や、その他の音楽ジャンル

による実験も興味があります。

解明には、科学的にも数多くの実証が
必要になるんですよね。

smiley-1363093_960_720
 

でも、とても興味深い実験だったと感じます(*^^*)

もしかすると、

 

日本人の短所を
Happyな音楽が助けてくれ

より日本人のチカラが発揮されるのでは!?

と感じた村山です(❤^0^❤)

ぜひ、『春』を聴いて

いろいろな新しいアイデアや

発想を豊かにしていただければと想います❤

(文献)
1)Simone M. Ritter , Sam Ferguson ’Happy creativity: Listening to happy music facilitates divergent thinking’September 6, 2017

2)上田祥行「創造性を司るメカニズムの解明」京都大学 こころのみらい研究センター 2015年

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

空間音楽プロデュース・セラピーのお問い合わせ
お申込み内容をお選びください (必須) 空間音楽プロデュースセラピーセミナーワークその他
(必須) ご新規再受講
再受講のかたのみ前回受けられた講座名
お問合せ内容
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
郵便番号 (必須)
ご住所(必須)
電話番号(必須)
お手数ですがこちらの文字列を入力して下さい。 captcha

※メールが受信できるように @murayamatomomi.com をドメイン受信許可リストに登録してください。

ご予約確認・場所のご案内等のメールが届かない場合はお手数ですが再度お問い合わせフォームにてご連絡下さい。

個人情報保護方針 当サイトでご入力いただいたお客様の個人情報
(ご氏名、ご住所、お電話番号、e-mailアドレス、お問い合わせ内容など)は、
お客様の許諾を得ず第三者に提供することは致しません。