沈黙の必要さ♪

2013年11月15日 category : おもしろ情報, 音楽理論 タグ:

沈黙の中に
隠されている秘密

 

人との会話
音楽にしても
サウンドヴォイス・セラピーにしても

 

実は

 

沈黙がとっても大切
静寂の中で起こる秘めたるパワー
すごいものだと感じます。


Talk Shows On Mute / Katie Tegtmeyer

 

私たちにも光と影あがるのと同じ
沈黙と音 = 陰と陽

 

沈黙があるからこそ
音の癒しが生まれる
んですね。

 

ご存知の方もいるかもしれません。

 

ジョン・ケージの「4分33秒」
沈黙の曲です。

D・テュードアは、4分33秒の間
ピアノの音を出さずにその前に座り続ける・・・

 

いろいろな意見はあるでしょう

 

1952年ごろ作曲したとされるこの曲。
その当時に、静寂の中の創りだす世界を味わう
コンサートしたことに衝撃を受けました。
すごいなぁ。

 

音がなかったではないか!


Question mark / Marco Bellucci

 

という問いに、
ジョン・ケージは、
演奏会場の外の風や雨の音
イスのきしむ音、いぶかしがる声
などの音があったではないか

答えたようです。

 

もっと彼の深いところは

 

沈黙は、意図しない音響が生じている状態
と考えていること。

digestion book / jimmiehomeschoolmom

実際、ケージは、
外の音も聞こえない無響室の中で
自分の身体を源とする神経系の循環の音や
心臓の鼓動が聴こえることを体験
無音の状態はないと考えていたんです。

 

ちなみに、この曲のレコードもでているんですよ。
Cramps Records CRSLP 6101の所収です。

 

私たちは、さまざまな音に
囲まれています。
もちろん、良いも悪いもです。
騒音もあるし、癒しの音もあります。


Beautiful day in the suburbs / Darek214

風の音、雨の音、波の音、木々の踊る音、
虫の合唱、鳥のさえずり、つくばいの水をはじく音、
車の音、笑い声、歩いている音、電化製品の音・・・

 

数えきれないくらいたくさん・・・

 

でも、今まであなた自身がリズムうつ音や
あなた自身が発するメロディー
耳を傾けたことがありますか?

 

鼓動の音、血液の流れ、内臓の働く音
内なる自分のメロディー、
きっと、身体のメロディーに耳を傾ければ
あなたは自分自身の健康をメンテナンスできるかも

5315931128_526d9398f1
photo by Asja.

意識するだけ
自分の中の風景は、
無限大に創りだせ広がります。

 

沈黙から気づくこと、
沈黙から気づかされること、
間から気づくこと、
間から気づかせること、

 

たくさんあります。
それが実はとっても大切で美しいのでしょうね。
自分が気づけるのですもの。
自分の世界から気づけるものは本物です。


Hearts / jessicahtam

普段の会話の中でも
間を大切にしたいです。
なかなかできない時もあるんですが…(笑)

 

会話の中での沈黙の恐怖は
ありますよね。そこをじっと我慢して、

 

FOR YOU 精神
相手を想うからこそ
相手が考える、気づく時間
大切にしてあげられます。