音の影響

2013年04月26日 category : 音楽理論 タグ:

みなさん こんにちは

 

日本を変えちゃう レインボーボイスを持つ

空間のBGMをプロデュースする

TOMOこと 村山友美です。

 

今日は、私たちの体に影響を与える理由について
お話しいたしますね。

 

私たちは、日常生活において音の影響
すごく受けています。

 

例えば、

 

車の音、踏切の音、携帯電話の着信音、工事の音

知らず知らずにストレスのシャワーを浴びています。

 

残念ながら

 

耳栓をしても騒音からのストレスがなくなりません。

私たちは、音を耳だけでなく、体全体で聴いているのです。

 

音は、空気・木・金属・骨・水などの様々な音を伝えるモノを
通して、伝わってくるのです。

 

ちなみに

 

空気は ————————-秒速340メートル
水中は ————————-秒速1500メートル
骨・金属・個体は —————–秒速5600メートル

 

上記のような速さで、音波が伝わります。

 

私たちの体は、約70%が水でできていて

体の中心にはがあります。

 

つまり

 

空気より音を伝える速さが早い 水と骨。
音を伝えやすい水・骨を兼ね備えているのが私たちです。

 

それはそれは

 

私たちの体は、音の影響を受けやすいわけですよね。

では、どうするの?! と思われる方

 

好きな音楽を聴いて、自分の体を癒してあげてください

 

世の中には、いろいろな癒しの音楽が出ていますが、
究極は、自分の好きな音楽ではないかと考えます。

 

人によっては、パンクを聴くと癒される方もいますし、
ジャズを聴くと癒される方もいますし、
クラシックを聴くと癒される方もいます。

 

体のコンディションによっても変わってくるでしょう。

 

一般に良いとされるのは、

 

自然の音です。 例えば

 

小川のせせらぎ、 波の音、 山の中の音、
鳥の鳴き声とともに木の葉が踊る音・・・

自然の音は、体に良い刺激を与え、

人の持つ力を高めてくれます

 

疲れを癒したりする効果があります。

 

音楽を取り入れる生活により、体の声にも
敏感になれるかもしれませんね。

 

素敵な一日をお過ごしください♪