♬ 婦人科のBGM ♬

2014年07月29日 category : 病院の方へ, 音楽理論 

妊婦さんは一人の身体だけではありません。
お腹の中にいる赤ちゃんに
音は届いています。

私たちは、映像で夢をみますよね。
でも、目を閉じています。
目だけが視るのではない。
普段からそれが実証されていますよね。

音も耳だけで聴いているわけではないんです。
身体全身で聴いています。

ましてや

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で
優しく、あたたかい、羊水の中で
成長していきます。

水は空気よりも速い速度で
音の振動を届けます。
骨も空気よりもものすごく速いで
音の振動を届けます。

羊水の中にいる赤ちゃんは
音の影響をものすごく受けるんです。

赤ちゃんだけでなく
お母さんも音は大切です。

先日、沖縄の産婦人科の先生とお話をしました。
お母さんがどれだけ気持ち良く過ごしてくれるかが
とっても大切だとのお話でした。

自然分娩するには、
お母さんがそれだけの力を持っていないと
いけないんだというお話もされていました。

赤ちゃんが喜ぶような音
妊婦さんが喜ぶような音
働いている人が喜ぶような音

村山の空間音楽プロデュースは、
波動を測定し、心が安らぐような
そんなBGM提案をいたします。

音の波動のチカラを
ご体感ください。