‘440Hz、444Hz、ガン細胞破壊’

❤【がん細胞を破壊する音】がある?! 440Hz~493Hz❤

もちろん、賛否両論あるかとは思いますが
こういった実験データもあるんだぁ~という
1つの知識に加えていただけたらと思います(*^^*)

周波数やソルフェジオに興味のある方や、
音叉などを使っている人は
もうご存知のことかもしれません。

440Hzもいろいろな情報が飛び交っているので
ちょっと私も書かせていただこうと思います。

がん細胞をやっつけちゃう周波数

(A)440Hz ~ (B)493Hz

しかも、もうずいぶん前に発見されているんです。

発見したのは、音楽家・作曲家・鍼灸師・治療家でもある
フランスのファビアン・ママン(Fabien Maman)さんと、
生物学者のエレーヌ・マグリマル(Helene Grimal)さん。

2人で共同研究して発見したんです。
しかも、すごいの。

って私が興奮してどうするって感じですが(笑)

1974年に、ファビアン・ママンさんは、
ジャズのギタリストとしてコンサートのために来日していて
その時のお客さまの反応(拍手だったり、エネルギーだったり)を
敏感に受け取っていたとのこと。

さらに3か月後にツアーで来日した時には
特定の音のキーが、ミュージシャンと観客の
両方を高いレベルに引き上げることにも気づいたようです。

そして、1981年。

ファビアン・ママンさんは、
エレーヌ・マグリマルさんにと出逢います。

エレーヌ・マグリマルさんは、
人の細胞に与える音楽の影響に興味を持ってました。
そして、2人で1年半にもわたって研究をしたんですって。

1997年の論文で研究結果を発表してるの。

研究では、がん細胞と健康な細胞に音を
21分間ずつ30~40デシベルとの音圧で
いろんな周波数の音を放射。

261Hzからどんどん周波数を上げていくと
形も、色も異なっていったようです。

細胞が丸くなる → 色も赤からピンクに → 破壊

ダウンロード (2)

どうやら、440~493Hzの間で
がん細胞が破壊されていったようです。

実験のがん細胞においては、
587.33Hzの時には14分で破壊したとのこと。

す・・・すごい・・・。

実験では、このような楽器を使用。

ドラム、ゴング(銅鑼)、フルート、ギター、ベース、木琴、人の声

しかも、ファビアン・ママンさんいわく
一番ドラマティックな結果が出たのは、

人の声!!!

実験で使用した人の声は、
ファビアン・ママンさん自身の声だったのですが
人の声と音階を組み合わせることで
ものすごい力が含まれていると言っています。

え・・・じゃぁ~健康な人まで細胞破壊しちゃうの?!

そう思いますよね。
ちゃ~んと研究結果を教えてくれています。

健康な細胞は、音に共鳴はしますが
異常はなかったようです。(ホッ・・・安心した・・・)

blood

こちらの写真は、木琴を使用したときのもので
440Hzでは赤からピンクに変わったとのこと。

健康な人にとって、440Hzは
パワフルな調和の音なんだともいっています。

ピンクは、愛の色と認識されているので
愛と調和のミラクルサウンドかもしれませんね。

ここまで聞いちゃうと、440Hzあたりがどんな音か
気になる方も出てくるでしょう。

以前にグラドニ図形の話をしましたが
周波数でいろんな形ができる動画を張り付けておきます。

周波数の違いで形が変わるのであれば
周波数の違いでがん細胞に何かしらかの影響を与えることも
納得な感じがします。

(↑ 時間ない人は、30秒あたりにLa440Hzが鳴ります。など飛ばしてみてくださいね)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♪

空間音楽プロデュース・セラピーのお問い合わせ
お申込み内容をお選びください (必須)  空間音楽プロデュース セラピー セミナーワーク その他
(必須)  ご新規 再受講
再受講のかたのみ前回受けられた講座名
お問合せ内容
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
郵便番号 (必須)
ご住所(必須)
電話番号(必須)
お手数ですがこちらの文字列を入力して下さい。 captcha

※メールが受信できるように @murayamatomomi.com をドメイン受信許可リストに登録してください。

ご予約確認・場所のご案内等のメールが届かない場合はお手数ですが再度お問い合わせフォームにてご連絡下さい。

個人情報保護方針 当サイトでご入力いただいたお客様の個人情報
(ご氏名、ご住所、お電話番号、e-mailアドレス、お問い合わせ内容など)は、
お客様の許諾を得ず第三者に提供することは致しません。