❤苦手とすることが、短期間の間にやってくる理由がある❤

似たような自分が嫌だと思うことが続くと

「なんでなんだぁぁぁ~!!!(怒)」

と叫びたくなるようなことが
アルアルアルアル・・・

自分が苦手なこと、嫌だと思う体験が
よく続くなぁ~って思うことありますか?

私の場合ですが
最近の私のテーマかもと思うのが
日程のドタヘン(突然の変更)ドタキャン(突然のキャンセル)です。
最近よく続いたんですね。
ドタヘンとドタキャンは、私の苦手なこと。

私も完璧でないので、
もちろんガチョーンと思うわけです。
まぁ、場合によってはカチンともくるわけです。

間近になってのキャンセルや変更といったことは
はっきしいって、かなり苦手です・・・(笑)

お相手に理由があるときは、仕方ないですよね。
だって、何が起こるかわからないですものね。
やむを得ないときは仕方ないものです。

プライベートならまだその時間を
何か自分の時間に使おう~なんて予定も立てやすいのですが
仕事上での間近になってのキャンセルや変更といったのは
ちょっと疲れてしまいます。

もっと早くわかれば、他の仕事を入れられたり・・・
とかついつい考えてしまいます。

ただ、こういうことが短期間でつづくと

これは試練なのか。。。
神さまが与えている。。。

「あなたならこれくらい乗り越えれるでしょ?
 だって、あなたはこれからどんどん前に出てって
 どんどんいろいろな人に良い影響力与えるんだから
 どんな人が来たとしても、”愛念”で包めるよね。
 そういう人が前に出ていくんだよ。By 村山友美が神さまの役だったらこう言う(笑)」

と言われているよう。。。と
まぁ~勘違いかもしれませんし、
本当かもしれませんし、わかりません。

なぜなら、私はチャネリングはしませんし、
声なども聞こえませんから、わかりません。

以前のブログにも書きましたが
無条件の愛を持つ神さまという存在であれば
ここまで言葉化しないでしょうし、
上の「」の言葉は、客観的にみた私の声で、
演劇でいう神さま役になった場合の私の声です。

周波数に関しては敏感なので
エネルギー的なものに関しては
感じられます。ただ、言葉ではないんですよね。

話がそれそうなので、戻して。

ふと、浮かび上がってきたんです。
世の中でいう【本当にスゴイ一流な人】

本当にスゴイ人は

怒りもしないですし、
多分、そういう人は知識も豊富なのに
何でもあたかも初めて知ったかのように聞いてくれて
「うん。うん。そうだね。そうだね。」と、否定もしないスゴイ人です。
否定はしないけど、自分の意見はしっかりと持っている。

今の私は、残念ながらそこまでいっていません。
でも、そうなれるために学び、成長したいと思い
いかなる試練に対しても「きてみろォ~」のド根性です。

この1ヵ月半ほどで
間近になってのキャンセルや日程変更が
4名ほどあるんですね。

今までの私の人生において
間近のキャンセル、日程変更はあまり経験がなかったので
いろいろな方とお会いするようになった今、驚いています。。。
そういうことを平気でできてしまう人に出逢うと
「うーん・・・信じられん・・・」
と思ってしまいます。
そう思ってしまいってことは、
まだまだ愛が足りないですね(笑)

今やメールでのやりとりが普通になったせいか
ドタキャンですら絵文字を送ってくる人が多いですね。
これは・・・自分にはできない・・・

さらに多いのは、謝らない人が多いんです。
「ごめんなさい」って素直にいえるっていうのは
人間関係を良くするスゴイことなんです。

「ありがとう」「ごめんなさい」は、
ミラクルを引き寄せる魔法の言葉だと考えています。

約束をするっていうことは、
お相手の時間をいただいていること、
自分の時間を与えていることになると考えています。

キャンセルや日程変更って相手の時間を奪ってることになるから
お相手のことを大切に思えば思うほど、
申し訳ないので笑えない状況になるはずなんですね。

お相手のことも考えた行動を
極力心がけたいですね。

ただ~し!!!

ここは試練なのだぁ!!!

きっと偉大な人だったらこう考えるはず。。。
しょうがないよね。何か理由があるんでしょう。
おかげで時間ができたから少しゆっくりしようかな。
また良いタイミングがくるでしょう。ホホホ~(笑)

と思うに違いない。
と考える今日この頃の村山です。

短期間の間に、やってきているこの現実を
さらに大きな愛念で包めるように
人間力を上げるための試練
やってやろうじゃない。乗り越えてやろうじゃないの❤

見てろよォォォ~神さま!
の勢いで乗り越え中です。

つくづく感じますが
言霊のチカラはとっても強い!

例えば、

① 感情をぶちまける編

Aさん 「その日予定を入れてしまって、キャンセルできます? (最後に今はやりの絵文字)」

私 「あの~・・・その日があるから飛行機を次の日にしたんですが・・・今後は気をつけてください(怒)」

としたとしても、
私の怒りは当分収まらないでしょう。

② 頭に来た時こそ A RI GA TO❤

Aさん 「その日予定を入れてしまって、キャンセルできます? (最後に今はやりの絵文字)」

私 「そうなんですか。楽しみにしていたので残念ですが、承知いたしました。またよろしくお願いいたします。ありがとうございます❤」

とすると。。。不思議だけど
怒りの感情が軽減するんです。

不思議かもしれませんが
言葉の持つエネルギーを感じます。
②のパターンを送った後には
なんとなく相手に対して【許し】が生まれてくるんですね。

頭にきた時こそ、ありがとうマジックです❤

もう一つ、怒りのエネルギーを出すのは
もったいないんです。
なぜかというと、当の本人はまったくもって
悪気はないから、何とも思っていないケースも多いんです。
もちろん、悪いなぁ~と想う方は、
文章や態度ですぐ伝わりますよね。
なので、お相手はなんとも気づいていないのに
自分だけ苛立ちを持つのは、もったいないんです。

だから

自分がどれだけ上機嫌でいられるかに
シフトした方が、良い話も良い流れもやってくるのです❤

あなたの器の大きさに合った、乗り越えられる試練が
あなたのもとにやってきます。
あなたなら乗り越えられるからです。

もちろん

乗り越えなくてもいい人生でもいいんです。
どちらでもいいんですが、
できればチャレンジしてみませんか。
私は信じていますが、来世があるのであれば、
来世にこの同じ問題は乗り越えた人にはやってきません❤

お申し込み

※ メール対応時間・キャンセルポリシーに関しまして、
一番下に書かせていただいております。
ご確認いただいてから、お申込みくださいませ。
お申込み内容をお選びください (必須) 空間音楽プロデュースセラピーセミナーワークその他
(必須) ご新規再受講
再受講のかたのみ前回受けられた講座名
お問合せ内容
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
郵便番号 (必須)
ご住所(必須)
電話番号(必須)
お手数ですがこちらの文字列を入力して下さい。 captcha

※メールが受信できるように @murayamatomomi.com をドメイン受信許可リストに登録してください。



【 キャンセルポリシーに関しまして 】

恐れ入ります。
お申込みをいただきました時より、
キャンセルポリシーが発生してしまいます。
少人数制の講座なため、どうかご理解いただきたく存じます。

お申込みされる際は、
今一度スケジュールをご確認いただけますと幸いです。
ベストなタイミングでご縁が繋がれば嬉しいです。

……((キャンセルポリシー))……

申し込まれた日~31日前のキャンセル
キャンセル料金 30%

30日前~22日前のキャンセル  
キャンセル料金 50% 

21日~15日前のキャンセル      
キャンセル料金  70%

14日前~当日のキャンセル      
キャンセル料金  100%

※自然災害(台風等)発生時も、
規定のキャンセル料を承ります。

但し、主要交通機関が遮断され、
会場にお越しいただけない場合は、
キャンセル料は発生いたしません。

【 メール対応に関しまして 】

講座・セッション・空間音楽プロデュースのお申込みは、
事務担当が確認しました後にご連絡させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。

月~金 : 10時~17時 ※ 不定 時に前後いたします
土日 : お休み

※恐れ入ります。現在、メールが集中しておりますため
数日ご返信にお時間をいただく場合はございます。
ご了承くださいませ。

講座のお申込み、セッションのお申込み、空間音楽プロデュースのお申込みは
必ず3日以内(平日であれば)にご返信いたします。

3日たっても返信がない場合・ご予約確認・お申込み完了・場所のご案内等のメールが届かない場合は
お手数ですが再度お申込みフォームにてご連絡下さいませ。



個人情報保護方針 当サイトでご入力いただいたお客様の個人情報


(ご氏名、ご住所、お電話番号、e-mailアドレス、お問い合わせ内容など)は、
お客様の許諾を得ず第三者に提供することは致しません。

尚、こちらからの返信がない場合、
お使いのメーラーの「迷惑メールボックス」に誤って入っている可能性がございます。

お手数ですが、「@murayamatomomi.com」または「gmail」を受信できるよう設定していただけますと嬉しいです。

We can also use English, Please feel free to ask us any questions that you may have.