音のエネルギー♫ (音叉 トーニング)

 レインボーボイスを持つ
日本を変えちゃう声の
TOMO こと 村山友美です

音の持つエネルギー
音霊といいます。

音霊のワークとして
トーニングとハーモニング
がございます。

トーニングについて
今回はお話いたしますね。

トーニングは、
自分の声を使って

・身体の状態
・精神の状態
・周囲の環境

などバランスを整えて
本来の自然な状態
戻していくことです。

トーニングワークの一つとして
音叉と声を使って
トーニングしていく方法があります。

音叉とは、
楽器の調律用に使う
U字形の金属性のものです。

IMG_20130711_094030

つまり

音叉の特徴は、
安定した音、
安定した周波数
発することができます。

身体にはそれぞれ
ある周波数に反応する箇所が
あるんです。

どんぴしゃりな周波数を
あててあげることにより
私たちの身体の水分と骨
細胞レベル、魂レベルにまで
音を届けることができ
身体が喜んでくれるんですね。

いきなり
私たちの声だけで
どんぴしゃりな周波数を
出すことって難しいですよね。

そこで
音叉の発する音のエネルギー
にも助けていただきます。

音叉が奏でてくれる
音のエネルギーと
自分の声のエネルギーを
合わせることによって
音叉のエネルギーを
声がマネできてしまうのです。

マネできてしまうということは、
あなたの声が音叉のエネルギーと
同じようなエネルギーを
発生させることが
できちゃうんです。

内側からも外側からも
音のエネルギーを
味わうことができます。

声を音叉の音に
合わせてみましょう。
長く息を吐くタイミングで
声をのせてあげます。

さらに

音に合わせ
気が出ていくイメージ
持てるとさらに良いです。

イメージが得意な方は
色などもエネルギーも
イメージしながら
行ってみてください。

細胞レベルまで響く
音の振動が
あなたのバランスを整え
最高の癒しにつながります。

各場所とは、
いろいろありますが
そのうちの一つとして
チャクラがあげられます。

それぞれのチャクラの
周波数は

第1チャクラ・・・194.18 Hz (レッド~オレンジ)
第2チャクラ・・・210.42 Hz (オレンジ)
第3チャクラ・・・126.22 Hz (イエロー~グリーン)
第4チャクラ・・・136.10 Hz (グリーン~ブルー)
第5チャクラ・・・141.27 Hz (ブルー)
第6チャクラ・・・221.23 Hz (ブルー~藍色)
第7チャクラ・・・172.06 Hz (パープル~バイオレット)
第8チャクラ・・・227.80 Hz (ホワイト・シルバー・プラチナゴールド)

チャクラの意味や
関連する内分泌腺については
次のブログでご紹介いたしますね。


chakra 2 / jp512