学びの時間(キャロリン・マクマキン先生、フォルカー・マイズナー先生)

学び続けることの大切さ

大学では鬼講師になっているので、
生徒さんには優しい姿を何一つ見せていない村山ですが(笑)
無事に本年度の講義も終了いたしました。
生徒さんが帰った後の教場はとても静かです(^^)

さてさて

キャロリン・マクマキン先生の
『レゾナンス・エフェクト~画期的なFSM療法の世界~』
アマゾンさんから届いたので
さっそく今日から読みたいと思いま~す。

キャロリン・マクマキン先生の技術を
日本に住みながら学びべてしまう
素晴らしい本です(*^^*)

日本語訳が出ると
数年前に寺岡さんから伺っていたので
首を長くして待っておりました♪

私は、「病気と周波数」を音楽制作に活かしたくて
いろいろな海外の先生の書物を読んだり
サミットや講座などを調べていたんです。

当時、エネルギー医学を学んでいた際に
戸田先生から、「ジェームスオシュマン博士が
大推薦している周波数の先生がいるよ!」と
キャロリン・マクマキン先生のことを
教えていただいたんです。

グットタイミングだったのが、
私が音楽制作のために
ヨーロッパに滞在している間に
アメリカ在住のキャロリン先生が
イギリスで講義をするとの情報を発見!
興奮し、すぐ申し込みをしたのを覚えています(*^^*)

この学びは、私のHolistic Musicや
TimeWaverでの分析
TimeWaverのSound Therapyで
活かすことができています♡

とはいえ。。

イギリスでの講義は
医学の知識がないと難しい講義で、
当時、タイムウェーバーも知らなかった私には
脳内が燃えるほどの講義だったのです。。(笑)

一緒に参加されていた寺岡さんや渡邉先生
席が隣でいろいろ教えてくださった
スイスのDr Martin先生など、周りの皆さまに
助けられながら講義を受けていたので
感謝感謝の日々でした(*^^*)

(※ イギリスでの講義のブログは、コチラ♪

日本語の書物で、学べるなんて
本当にありがたく感謝でいっぱいです。
今回の本は、寺岡さんが監修されていて
チラっとみただけでも内容が

「日本語になると読みやすいぃ~!
理解しやすいぃ~!最高じゃ~ん!
ここまで訳してくださるなんて
凄い大変だったのでは~(涙・感謝)」

と、村山、テンションが上がる素晴らしい一冊だと
感じております(*^^*)

ちなみに

私は、本を読むときは
「音」がないとダメなタイプ(笑)
早速、講座を受けていた時に
販売していたDVDも引っ張り出し(笑)
キャロリン・マクマキン先生の講義動画を
流しながら本を読もうと準備満タン~。

キャロリン・マクマキン先生は
チャーミングでパワフルであったかい女性です。
〇ヘルツを〇分とか〇秒など、
事例に合わせ細かく指導をしてくださるんです。

講義中も、クイズのように
いろいろ問題が出されては
正解するとチョコレートを「ハイ♪」と
渡してくれるんです(笑)

さらに、

この前は、医師のフォルカー先生の
「セルフヒーリング」のウェビナーがあったので参加しました。
ドイツ語のみでしたが、サブタイトルがついていたのでだいたいの英語での確認ができたんです。

フォルカー先生も本当にチャーミングで
優しいサンタさんみたいな先生かもです(笑)
タイムウェーバー社のウェビナーやカンファレンスでも
登壇されている素晴らしい先生です。

代替医療の勉強されている方であれば
よく耳にする内容もあるかと思いますが、
病気になってしまう本当の原因、栄養、思考や感情についても話されていて、
私の知らないカウントの呼吸法も教えてくださったので、
今後にクライアントさまにお伝えしたりと活かせていけるな~と、
とても勉強になりました(^^)

フォルカー先生がご紹介されている中に
アンドリューワイル博士が開発した
4・7・8呼吸法もあげられていたので
こちらをブログ記事にアップしておきます♪

※ 講義内容など、どこまでが公表していいか
  著作権がOKかなどがわからなかったので
  一般公開されているアンドリューワイル博士の呼吸法なら
  書いても大丈夫かな~っていうコトで、書いています(*^^*)

 

【セルフヒーリングの呼吸法 パート1】

 

4・7・8 呼吸法

4秒で吸って

7秒でキープ

8秒で吐く

これを4クールくらい♪

 

他の呼吸法は、セッションや講座内で
活かしていきますのでお楽しみに♪

学び続けるって大切ですね。

今だからこその新しい気づきがあったり
忘れていることを思い出せたり、
学べることって本当にありがたいです。

ではでは、今から本をガツっと読みはじめたいと思います(^^)

皆さまにとって、素敵な冬となりますように。

Related Posts